teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:朝日歌壇鑑賞会事務局長  投稿日:2006年 7月 5日(水)07時17分32秒
  >「我々」・・・?
>朝日歌壇鑑賞会ってさあ、事務局長お前一人しかいないんだろ?

 「我々」とは、「ここ(大辻の)掲示板に書き込んだ私および当サイトの読者」という意味で書いたんですが何か? 大辻が綺麗さっぱり削除して証拠隠滅しちゃったけど。

 藤川と言い、「ボキャブラリーが貧しすぎ」なのは大辻のお仲間の方ですね、やれやれ。
 
 

は?

 投稿者:反朝日歌壇鑑賞会事務局長  投稿日:2006年 7月 5日(水)01時51分32秒
  >我々がいつどこで「あはれ=かわいそうだ」と限定しましたか?

>「ああ、という深いため息」であっても我々の主張はいささかも変わりませんが。

「我々」・・・?
朝日歌壇鑑賞会ってさあ、事務局長お前一人しかいないんだろ?
なんか胡散クセーの。大辻氏とお前じゃ表現に対する覚悟が違うね。
お前も大辻氏見倣ってちゃんと名乗れよな。そしたら俺も名乗ってやるからさw
 

は?

 投稿者:朝日歌壇鑑賞会事務局長  投稿日:2006年 7月 4日(火)23時34分10秒
  >それと「あはれ」=かわいそうだ という解釈はボキャブラリーが貧しすぎます。
>「ああ」という深いため息のようなものを私は読むんですが。

 我々がいつどこで「あはれ=かわいそうだ」と限定しましたか? そのようなことを書いた記憶はありませんけど。あるならソースを示してください。こちらが言ってもいないことをさも言ったかのように触れ回られては迷惑千万です。
 「ああ、という深いため息」であっても我々の主張はいささかも変わりませんが。何でナショナリズムを帯びることが「深いため息」につながるのか。結局は「ナショナリズム=悪」だと思ってるからでしょ? 横田早紀江さんはじめ拉致被害者の家族の方々にこの歌をお見せできますか?
 

礼儀をわきまえてください

 投稿者:新川藤実メール  投稿日:2006年 7月 4日(火)23時12分6秒
  新川です。

礼を心得ない書き込みは削除するのが当たり前でしょう。
管理者としての大辻さんの正当な権利の行使だと思います。

それと「あはれ」=かわいそうだ という解釈はボキャブラリーが貧しすぎます。
「ああ」という深いため息のようなものを私は読むんですが。
 

共産党員の頭の中では「横田めぐみさん=高遠菜穂子」であるらしい

 投稿者:朝日歌壇鑑賞会事務局長  投稿日:2006年 7月 4日(火)20時32分5秒
  >イラクで人質になった方の親御さんにも、
>同様な「あはれ」を感じましたし、

どの人質の親御さん?
当然香田さんですよね。え? もしかして高遠とか今井の親も?

高遠や今井の親と横田さんご夫妻に「同様なあはれ」を感じるとすれば、
我々の感覚とは大層かけ離れているとしか言いようがありませんが・・・。

おっと、佐藤理江氏は「九条の会」の賛同者ですか。なるほどね。

当サイト2005年10月24日記事
「九条歌人の会」を見境なく宣伝しまくる日本共産党

http://blog.livedoor.jp/asapykadan/archives/50004673.html

 

大辻氏は

 投稿者:朝日歌壇鑑賞会事務局長  投稿日:2006年 7月 4日(火)19時41分36秒
  >大辻さんは自分の作品について、都合の悪い場面だからといって
>口をぬぐうような方ではないと思いますよ。

大辻さんは、7/1~2の間に書き込んだ我々の批判を、きれいさっぱり削除されました。
反論があるならすればいいものを、問答無用で削除するとは
自分の作品に対する人からの批判を一切受け付けない、典型的なサヨクですね。
人を批判する時は元気なくせにねえ。

いまにこのカキコも削除されるでしょう。南無阿弥陀仏。

http://blog.livedoor.jp/asapykadan/archives/50016964.html

 

人の心の不条理を

 投稿者:佐藤理江  投稿日:2006年 7月 4日(火)17時56分31秒
  横から失礼いたしますね。佐藤理江と申します。

大辻さんは自分の作品について、都合の悪い場面だからといって
口をぬぐうような方ではないと思いますよ。

それに、横田さんにインスパイアされたとはいえ、
この歌は母親の心の不条理に言及した作品です。
別に北朝鮮の国策がどうだとか、ナショナリズムがどうとかは
作品において、それほど重要ではないように思われます。

基本的に親として子を思というパーソナルなことにもかかわらず、
何らかの事情で公の意味を持たされてしまったことこそ、
万感のこもった「あはれ」で表されているのではないでしょうか。

例えば、イラクで人質になった方の親御さんにも、
同様な「あはれ」を感じましたし、そのほかにももっと些細な
生活上のことでもすくい上げられる「あはれ」があります。
電車の中で子どもに泣かれている母親なんかに対しても感じます。

私はこれは、さまざまなイメージに向かい得るいい歌だと思いますよ。

どうも失礼いたしました。

http://www1.u-netsurf.ne.jp/~okiraku/

 

早紀江さんの前でも駄作を詠めるか売国奴

 投稿者:愛国者  投稿日:2006年 7月 4日(火)13時55分34秒
  横田早紀江といふ母
  子をおもふ誠がやがておのづからナショナリズムを帯びゆくあはれ
   (「レ・パピエ・シアン」第78号)

 「あはれ」をどのような意味で使っているのかはっきりしませんが、おそらく「ナショナリズム=悪」と単純に思っていて、ナショナリズムを帯びるのが悪いと言いたいのでしょう。横田早紀江さんはどこにでもいる「行方不明者の母」ではありません。北朝鮮という国家が現在進行形で行っている犯罪と戦う母親です。拉致は国家の犯罪です。そういう悪の国家と戦うのに、「健全な」ナショナリズム、つまり「自分は他でもない日本という国に所属していること、そしてその国を愛していること。国や国民を危うくする悪に対して戦うこと」が心の支えとなるのはごく自然なことです。いったい何がどう悪いのでしょうか。
 「子をおもふ誠」だけで「(健全な)ナショナリズム」がないと、横田さん夫妻は今回の金英男の家族のようにノコノコと北朝鮮に出かけて大恥をかくことになったでしょう。「ナショナリズム」があったからこそ、娘(や孫)に会いたいという個人的な感情を抑え、北朝鮮へ行こうなどとは考えず、犯罪国家の謀略にはまらずに済んだのです。
 「あはれ」なナショナリズムとは、たとえばこういうもの↓のことですよ、大辻君。
 【韓国】「(W杯)行き過ぎた愛国心で誤った解説してはダメ」SBS解説委員、途中降板させられる[07/01]

 早紀江さんも短歌を作る方だそうですが、大辻氏のこんな心無い歌が早紀江さんの目にとまらないことを祈るのみです。
 

そうですか。

 投稿者:大辻隆弘  投稿日:2006年 7月 4日(火)07時20分5秒
  1990年のことですね。
かぎりなく昔になりました。
 

山中智恵子さんのことなど

 投稿者:新川藤実  投稿日:2006年 7月 4日(火)00時32分47秒
  実は、私、中京大学で催された「中の会」シンポジウムで山中さんとすれ違ったことがあります。もう十何年も前。
階段教室の一番奥、ごった返すところ、軽く会釈されて通ってゆかれました。
着物が似合っていて、「シック」ということばのとおり。印象的だったのを覚えています。
 

レンタル掲示板
/11